仙台で鍼灸なら青葉区のエル鍼灸治療院

受付時間

10:00~18:30

定休日

日・月・木

ご予約・お問い合わせ

022-721-2373

アクセス

980-001 宮城県仙台市青葉区錦町2丁目4−31

女性でも安心

予約制

駐車場あり

26年間の実績

どうしてトリガーポイントが痛みの治療として日本に普及したのか?

現在トリガーポイントの効果を認め、治療に取り入れている整形外科医が増えております。そしてトリガーポイントは多くの日本人に認知され普及しております。

 

今まで、日本での疼痛治療の主流は痛み止めの薬やブロック注射、手術等でしたが、その治療に限界を感じたドクター達が、痛みの原因の多くが筋肉の硬結から来ている事に気が付き始めたのだと思います。

 

私の26年の鍼灸治療の経験から、確かに痛みを訴えて来院されるほとんどのお客様の筋肉が硬くなっております。鍼灸治療で筋肉が柔らかくなると高い確率で疼痛は改善されます。鍼灸治療に携わる人であれば、昔から筋肉の硬結が痛みの原因であるという事に気づいていたと思います。

 

トリガーポイントについて

 

トリガーポイントとは、痛みを引き起こすポイントの事です。ある筋肉に硬結ができ、その部位がなんらかの原因により過敏になり、痛みを放散させてしまうのです。ですからトリガーポイントは実際に痛んでいるところとは、別の場所に存在します。トリガーポイントにより引き起こされた痛みの症状を筋膜性疼痛症候群と呼ばれているようです。痛んでいるところに何度鍼灸治療をしても改善されない場合は、痛みの原因であるトリガーポイントに鍼灸治療を施す事が大切です。

 

なぜトリガーポイントが形成されるのでしょうか?

 

毎日同じ姿勢をしていたり、運動し過ぎや働きすぎ、歩きすぎにより、身体のある部位に負荷がかかり、筋肉が硬くなってしまいます。そして硬くなった部位にトガーポイントが形成されると考えられています。

また精神的ストレスもトリガーポイントを形成する要因である事も考えられております。ですからストレスが痛みの原因である場合はトリガーポイント鍼灸と同時にストレスを緩和するツボに鍼を打つ事も重要です。

 

なぜトリガーポイントが痛みを誘発するのか分かっていませんが、私の鍼灸の経験からトリガーポイントである筋肉の硬結部位がその下を通る神経を圧迫して痛みを誘発してしまうのではないかと推察しています。

 

さらに高齢になればなる程筋肉は硬くなり易く、トリガーポイントを形成しやすくなるので、年齢とともに痛みを訴える人が増えるのではないかと推察されます。

 

なぜ私がトリガーポイントを勉強しようと思ったのか?

 

長年鍼灸治療の仕事に携わり、腰痛や膝痛、坐骨神経痛、首の痛みなどの治療を行ってきました。一部のお客様は痛む部位に鍼灸治療を施しただけで痛みが改善しましたが、症状が改善しないお客様もいらっしゃって、東洋医学のツボだけで痛みを治療するのに、限界を感じていたので、トリガーポイント鍼灸を学ぼうと決意しました。

 

本を読み独学で習得するのは難しいと思いましたので、私はトリガーポイント研究会に入会し、トリガーポイント研究の第一人者である関西医療大学黒岩教授から指導を受けました。先生はトリガーポイントの場所を探りあてる方法を丁寧にそして、かなりの時間をかけて教えてくださいました。

あれから10年の歳月が経ち、トリガーポイント鍼灸の痛みに対する治療効果の高さを実感しています。

 

主な症状

院内の写真

住所・営業時間

エル鍼灸治療院

〒980-0012

宮城県仙台市青葉区錦町2丁目4−31 サンライズロード錦町 1F

 

電話番号

022-721-2373

 

営業時間

10時:00分~18時:30分

 

定休日

日曜日・月曜日・木曜日

〒980-0012