仙台で鍼灸なら青葉区のエル鍼灸治療院

980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1丁目13−32 オーロラビル 808号

受付時間

10:00~18:30

定休日

日・木

完全予約制

駐車場あり

022-721-2373

仙台でアレルギー性鼻炎ならエル治療院

アレルギー性鼻炎を鍼灸で改善

アレルギー性鼻炎とは?

アレルギーを起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。アレルギー性鼻炎は、アレル ゲンが鼻粘膜から侵入し過剰な免疫反応が起こることによって、鼻水・鼻づまり・くしゃ みなどの症状が引き起こされる病気で、IgE 抗体という抗体(病原体などが体内に侵入し てきたときに反応するたんぱく質)が関与する鼻粘膜の I 型アレルギー疾患に分類されて います。通年性アレルギー性鼻炎(一年を通して症状が出るタイプ)と、季節性アレルギ ー性鼻炎(特定の季節に症状が出るタイプ、いわゆる花粉症)とがあり、両者を合併して いる場合もみられます。

アレルギー性鼻炎は年々増加傾向にあり、症状の程度や

頻度には個人差がありますが、重症化すると、集中力や

睡眠の質に影響を与えることもあるため、早めに適切な

治療を受けることが重要です。

 

アレルギー性鼻炎の原因とは?

・通年性アレルギー性鼻炎

ダニ、カビ、ハウスダスト、動物の毛やフケなども原因となります。 花粉のような季節性のものとは違い、一年を通して発症し、症状も継続的にみられます。 また花粉症と異なる点として、眼の痒みや充血等の症状を併発することは少なく、一方 で喘息を合併している人の割合が多いということが挙げられます。

・季節性アレルギー性鼻炎 季節性アレルギー性鼻炎でもっとも多い原因は花粉であり、花粉が原因で起こるアレル ギー性鼻炎のことを一般的に花粉症と呼んでいます。春先から初夏にかけて発症しやす く、花粉の飛散量によって症状の程度が異なりますが、その季節が終わると症状は自然 に和らぐことが多いのが特徴です。

 

アレルギー性鼻炎の症状について

1: 鼻づまり

炎症によって鼻の粘膜が腫れ上がリ、鼻腔が狭くなることによって呼吸が困難になる

ことがあります。 2: 鼻汁

さらさらとした水様性の分泌物がほとんどですが、粘り気や色のついた鼻水の場合は

ほかの原因も考えられます。 3: くしゃみ

  鼻の粘膜が刺激されることで、くしゃみを引き起こします。これは鼻の中の異物を症状

1: 鼻づまり

炎症によって鼻の粘膜が腫れ上がリ、鼻腔が狭くなることによって呼吸が困難になる

ことがあります。 2: 鼻汁

さらさらとした水様性の分泌物がほとんどですが、粘り気や色のついた鼻水の場合は

ほかの原因も考えられます。 3: くしゃみ

  鼻の粘膜が刺激されることで、くしゃみを引き起こします。これは鼻の中の異物を

  外へ出すための体の反応です。

  

4: 目のかゆみ アレルギー性鼻炎があると、目の粘膜も刺激されるため目のかゆみを引き起こすこと があります。

5: 充血 目の周りの血管が膨張して、赤くなることがあります。

6: 頭痛 アレルギー性鼻炎が原因で副鼻腔炎を引き起こし、三叉神経が刺激されることで頭痛 や頭重感が起こります。

7: 嗅覚障害 鼻づまりや鼻汁があるため、嗅覚が鈍化することがあります。

 

 

アレルギー性鼻炎の検査について

東洋医学ではアレルギー性鼻炎をどのように捉えているのか?

 東洋医学では鼻水、鼻詰まりなどの症状を鼻淵(びえん)といいます。

 呼吸器の症状は肺との関係が深く、肺の機能が崩れることで、鼻の症状を引き起こすと

されており、肺を補助し呼吸のバランスを保つ機能をもつ腎も大きく関与しています。 その他にも、脾(胃腸)の働きが低下することで、発散できない陽気が鼻に停滞し症状を 引き起こします。 また、経絡(気や血の通り道)の流注から鼻には陽明経が関係し、一部には督脈、太陽経 も関連が深く、これらの経絡が寒熱を受けると、鼻の病症が現れやすくなります。アレルギー性鼻炎の鍼灸治療について

 

アレルギー性鼻炎で使うツボは迎香と印堂や百会などのツボを使います。また首の後ろにある天柱や風池なども有効なツボです。この2つのツボは顔や脳の血流を改善し鼻炎などの炎症を改善する働きがあると考えられます。またアレルギー性鼻炎の鍼灸治療はタイプ別に手足に打つツボが違います。

 

アレルギー性鼻炎のタイプ別鍼灸治療

①胃腸が虚弱なタイプ

胃腸が虚弱で下痢や便秘をしやすく顔や手足がむくみやすい体質の人は三陰交や足三里などのツボを使って胃腸機能を整えることにより、アレルギー性鼻炎の鼻水や鼻づまりなどの症状の改善を図ります。

 

②腎の機能が低下しているタイプ

腎の機能が低下して体がむくみやすい人は、太渓や関元など、腎を補うツボに鍼を打ちます。腎機能を高めることによってむくみや鼻水の改善を図ります。

 

③顔がほてるタイプ

 

東洋医学では上焦に熱があると顔がほてると考えています。このタイプの人は、アレルギー性鼻炎の症状があるだけではなく顔にニキビが出やすくなったり、アトピーなどの皮膚炎を起こしやすいタイプです。また頭痛なども発症する場合があります。顔がほてるタイプのアレルギー性鼻炎の鍼灸治療では、熱を抑えるためのツボを使います。熱を抑えることにより炎症が改善するのです。外関や曲池、大椎など清熱作用があるツボに鍼を打つ事により鼻の炎症を抑えることができます。

 

PM絆を使った治療がアレルギー性鼻炎の改善に高い効果が期待できる。

 

鍼灸治療と一緒にツボにPM絆を貼る治療を行うとアレルギー性鼻炎を早期に改善することができます。これはニ脈治療と言われています。足陽明脈や手陽明脈の二脈を使ってアレルギー性鼻炎を改善する特別な治療方法になります。この治療方法は鼻水や鼻つまりに即効性が期待できます。ただ金属アレルギーがある人はこの治療が?できませんのでご注意ください。

クレジットカード

当店ではクレジットカードでのお支払いが可能です。

ご利用いただけるクレジットカードブランドは以下になります。

主な症状

院内の写真

住所・営業時間

エル鍼灸治療院

〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町1丁目13−32 オーロラビル 808号

 

電話番号

022-721-2373

 

営業時間

10時:00分~18時:30分

 

定休日

日曜日・木曜日